海外と日本のモンブランの違い

栗をメインとして作られているモンブランケーキ。


最近はレシピもたくさん登場している為、簡単にモンブランケーキを作る事が出来ます。


簡単なレシピ、こだわっているレシピ等たくさん有りますので、ご自身に合ったレシピを見つけてみてはいかがでしょうか。


そんなモンブランケーキですが、日本と海外では少し様子が違う様なのです。


それぞれの魅力を挙げてみたいと思います。


モンブラン発祥の地、フランスでは産地の「ヨーロッパ栗」を使用しています。


着色は特にしておらず、茶色の色合いのままモンブランに乗せます。


そしてマロンクリームにする際はバニラを混ぜ込むのが主流となっていて、甘い感じのモンブランが出来上がります。


対して日本のモンブランは国産の栗を使用している事が多く、甘露煮にしてモンブランの上に乗せる事が多いです。


その為、黄色い色合いで甘さもスッキリとした感じになります。


そしてこの甘露煮を使ってマロンクリームを作ってる事が多く、全体的に甘いけど控えめな甘さでスッキリと食べる事が出来ます。


また日本は甘すぎるお菓子より、甘さ控えめのお菓子が好まれる事が多い為、日本独自のモンブランが作られています。


カスタードクリームと生クリームを混ぜ合わせて口当たりを軽くする等、日本人好みのモンブランが人気です。


大まかなイメージとしてはこんな感じですが、国によって、更にはお店によって独自の味わいが有りますので色々とその魅力を試してみてはいかがでしょうか。