新しい介護士として初めて介護施設で働くことにな

新しい介護士として、初めて介護施設で働くことになった際に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、大体希望を叶えてくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、決定に至ることもあります。

配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、検討された結果であることがほとんどでしょう。

ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。

介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。

夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、夜中の少人数体制の中で腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。

かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。

ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。

中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、もし容態が急に変わったら大事になりますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったこともすべて介護士の仕事となっております。

また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、スタッフの数が少ない夜間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、少々混乱してしまいそうなくらいにてんやわんやと忙しいこともあったりします。

介護士というものは毎日の勤務時間がばらばらであり、過酷な労働環境だということも相まって、まったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、「介護士資格を持っています」という事実は、意外にそれ以外の職場にとっても有益であるケースが多いのです。

例として、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。

業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。

患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、介護士が把握しておくべきことについての諸々を勤務終わりの人が勤務始めの人に話します。

申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に行うようにしましょう。

あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも大事なことになります。


徳島県阿南市 新野駅 ケアマネ求人