体内環境の悪化

ゲルソン療法を開発したマックスヷゲルソンは、高血圧は、
「全身の代謝異常による体内環境の悪化が原因で起こる全身病」
と定義しました。


そこで、良い食事を摂ることと、
高血圧の排泄をして体内浄化を目指したのです。


そして、高血圧の排泄にはコーヒーが優れていることが、
第一次世界大戦時、兵士の治療で偶然発見されました。


ゲルソン博士はそれを追求してコーヒーを確立したのです。


コーヒーのカフェインなどの成分が大腸粘膜から吸収され、
3分ごとに肝臓を通過して胆管を拡張し、胆汁を大量に排泄します。


高血圧は独特の悪液質になりますが、
その每素を胆汁と一緒に十二指腸に排泄し、
最後は外界に排泄することで体内を浄化します。


高血圧下げる「福辻式」DVDでなぜ血圧下がるの?