これが外国為替証拠金取引で儲けるノウハウなのです

ポンド円やニュージーランドドル円はボラティリティーが荒いのが一般的だから、レバレッジは2倍程度が利口でしょう。

長期投資のつぼは、チャート上のテクニックではなく、世界的な経済の状態を種々の観点から分析するファンダメンタルズ分析が戦法となります。


レバレッジを制御することで、リスクやリターンのラインを制御することがFXでは重要な対策です。

マージン・コールやストップ・ロスになったら心配ですので、多目に推移を予見して最小の方策は必要です。


ポンド円(GBP/JPY)はボラティリティが高い通貨ですから、リターンの拡大につながりやすいですが、リスクも高いので配慮が必要です。

話は変わりますがFX業者が倒産しても元金が戻ってくる(信託保全)業者を厳選することはこの頃では大事ですね。


しかし、マイナスを出すことを恐怖に思いすぎ、市場流れに乗るタイミングを逃すことのないようにしましょう。

かなり大切なことは、自分にあった最適な規則を見つけ出すことなのですね。