このように二つの国の通貨の間で作り出される

外国為替取引市場としての外国為替証拠金取引(FX)のことを考えてみましょう。

FX外国為替証拠金取引では、二つの異なる国の金を売買することにより両方の通貨の差額の利益をもらえるという流れです。

この二種類のお金の関係で出てくる差益金額をスワップ金利と呼ぶのです。

このスワップ金利とは正式名はスワップポイントと呼ばれるらしいです。

FX外国為替証拠金取引のスワップポイントとは、一日ごとにでも獲得する事ができますけれども、その日のレートの変わり方で異なるのだそうです。

こういうスワップ金利スワップポイントで儲けることを目当てに、FX外国為替証拠金取引の為替取引をしている方々もいるのです。

スワップポイントは、取引するFX業者ごとで違いがあるためわずかでもスワップ金利が高い取引業者でやり取りしたいと思いますよね。

けれども、スワップポイントは為替レートが動くことで変化するので注意しましょう。

また、為替トレードをする際は図表を読めるのが重要になります。

この図を読み取れれば、為替相場の流れを予想する可能になると言います。

外国為替取引ビギナーの方が見たならば何のチャート?などと難しいと感じてしまうのでしょうけどポイントを抑えておくことによりグラフが理解出来るようになるとのことです。

日本円が上昇しているもしくは下がり始めている等、この時が最近では円安などとこのチャートを見る事で判断が可能となり、為替トレードをする際は大いに便利なデータとなるそうです。

ここで言うチャートは、日本では一般にローソク足が使われておりその名の通りローソクの形のようなグラフで表現されています。

そのようなローソク足陰陽足で高値とか安値かつ終値・始値を示していてグラフにおいて多様な形になっています。